髪をキレイに保つための心がけとは?綺麗な髪になる乾かし方も公開!!女子力アップで魅力的に!

艶やかで美しい髪の人は魅力的ですね。

第一印象をプラスにもします。

毛量がちょうど良くツヤがあり頭皮も健康な美しい髪。

毎日のちょっとした心がけで髪もキレイを保てますよ。



スポンサーリンク

ダメージを与える原因

身体とつながっている頭皮から生えてくる髪。

髪の健康を保つのを難しくする原因が幾つかあります。

ヘアケアアイテムに使用されている化学薬品や不規則な生活、仕事や人間関係のストレスや食生活の乱れ、紫外線や直射日光などです。

頭皮が緊張したり汚れが溜まっていては髪の芯からキレイにすることはできませんよね。

毎日のお手入れで、髪や頭皮にダメージを与える原因や程度を徐々に改善していきましょう。



頭皮をキレイにする

髪に十分な栄養が届くように頭皮をキレイにしましょう。

頭皮の毛穴は比較的大きく皮脂が詰まりやすくなっています。

また、表皮の奥から上がってくる角質がはがれ落ちるターンオーバー機能により垢も溜まりやすくなります。

一方、皮脂を洗い流すためのシャンプーをし過ぎるなら、頭皮が乾燥して皮脂が過剰分泌したり常在菌が増えてしまいます。

毛穴が詰まり頭皮に炎症が起きたり、痒くなったりすると、髪の毛も細くなったり抜けやすくなりますので、頭皮のクレンジングは優しく行いましょうね。



キューティクルを整える

髪のダメージを少なくするためにキューティクルを整えましょう。

髪の毛の一番外側にあるのがキューティクル。

キューティクルがめくれてしまうと、せっかく届いた栄養が剥がれた部分から出てしまい、髪の毛がパサつき乾燥してしまいます。

特に、パーマやカラーをすると剥がれてしまいますので、コンディショナーやトリートメントなどのヘアケアアイテムを使用する良いですよ。

また、摩擦やホコリも原因になりますので、髪が濡れたまま寝転んだりロングヘアをきつく結ったり、いつも同じ場所で結んだりしないようにしましょう。



キレイな髪になるシャンプー方法

頭皮の乾燥を防ぎ刺激を与えすぎないために、合成洗剤よりも天然洗剤のものを選びましょう。

シャンプーには水と油を混ぜるための界面活性剤が入っています。

天然洗剤は比較的洗浄力が強くありませんが、頭皮への刺激が少ないためオススメです。

化学的合成洗剤を使用する場合、水で薄めて刺激を緩和しましょう。

毛穴の大きな頭皮はたっぷりの泡でしっかりマッサージするなら、汚れもよく落ちて頭皮の緊張も緩和できます。

また十分なすすぎ洗いで、フケやかゆみ、吹き出物などの炎症を防ぐこともできますよ。



キレイな髪になるコンディショナー・トリートメント方法

シャンプーでキレイになった頭皮と髪。

さらにツヤのあるサラサラした髪にするために、コンディショナーとトリーメントを使用しましょう。

整ったキューティクルを摩擦で傷めないために、薄めたコンディショナーを髪にかけてみて。

髪に届いた栄養をしっかりコーティングしてくれますよ。

また、トリートメントは油分が多いため、使用は週1?2回の控えめにしましょう。

頭皮をオイリーにしてしまい皮脂が溜まりやすく毛穴をふさいで逆効果になってしまいます。



キレイな髪になる乾かし方

ドライヤーを使ってまず内側から空気を入れる感じで地肌を乾かし、次に髪を上から下の方向に手でなでつけるようにして乾かします。

キューティクルがめくれるのを防ぎ、ツヤもプラスされキレイな髪に仕上がりますよ。

乾かし過ぎると髪や頭皮が乾燥しパサついてしまうため、8割程度の乾きがベストです。

強い風でも水分を吸い寄せながらしっとり乾かすことができるイオンドライヤーや、弱い風でも遠赤外線で温めながら短時間で乾かすことができる遠赤外線ドライヤーがありますので、上手に活用しましょうね。

ゲーム10選
クールクー水素水
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です